So-net無料ブログ作成

韓国出産騒動の小雪さんがコメント

スポンサーリンク



 今日フジテレビの笑っていいともに小雪さんが生出演しました。小雪さんといえば、つい先日、韓国での出産時のトラブルで、話題になりました。

 笑っていいともといえば、トーク番組なので、トラブル云々は別にして、韓国での出産から帰国した小雪さんにたいして、出産の話題が集中してしまうのは避けられません。多くの視聴者も、韓国での出産に関して、どういうコメントをするか、注目していた人も多いかと思います。

 
■韓国の出産後のケア施設を熱心に語る
 韓国で入院中にトラブルにあったというので、てっきり韓国での出産に関して、辛辣なコメントをするかと思っていましたが、まったく反対に、韓国の施設を絶賛していたのに、驚きました。
 称賛していたポイントとしては、日本と違い、韓国では出産後のケアが充実していて、その施設も300くらいあるとのことでした。

 これは、日本での出産も経験している小雪さんならではの視点かと思います。

■日本の出産医療が遅れているのか?
 旧来の日本では、出産後は自宅に戻り、おばあちゃんや家族などが出産後の子どもや母親をケアする環境があったから、そうした産後院のシステムが普及していなかったのであり、決して日本の医療が韓国に遅れているわけではありません。
 しかし、日本も核家族化が進行し、産後のケアをする施設の必要性が高くなっています。日本の医療施設も、小雪さんのコメントに耳を傾け、時代の変化に応じた施設を整えていく必要があるのではないでしょうか。


ところで、小雪さんの騒動に関して、今回の韓国出産トラブルの前にも、第一子を保育園に入れる際、公立保育園を希望したために、バッシングが起きました。そもそも、これも、今の日本には保育園が不足しているという問題もあります。日本は働く女性にとって、子供を生んだり育てたりしにくい現状があるのではないかと思います。

なにかと、トラブルの多い小雪さんですが、働く女性にやさしくない、日本の現状の現れかもしれません。


スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。