So-net無料ブログ作成

野菜炒めを青々しくシャキシャキに作るコツから思い至った洞察 [日記]

スポンサーリンク



最近、自分で料理をするようになりました。

 どちらかと言うと、めんどくさがり屋なので、以前は、作るだったら、外で食べたほうが安いしうまいと思っていました。実際、牛丼チェーンに行けば、500円もしないで、美味しい牛丼が食べれます。あの味を、家庭で作ろうものなら、500円以上かかるでしょうし、あの味にたどり着くまで、相当の努力と技量が必要になります。
 では、なぜ私が料理をするようになったかといえば、味覇の存在を知ったからです。味覇とは商品名で、中身は鶏ガラベースの万能調味料で、ふとしたきっかけで、味覇を知り、この味覇を入れれば、チャーハンだろうが、炒めものだろうが、パスタでも、おでんでも、あらゆる料理を美味しくすることができるというのです。また、中華料理屋のチャーハンが美味い秘密も、実は、この味覇のおかげだというのです。

 そんなすごい調味料があるのか、なら、僕でも美味しい料理が作れるのかな?と、考え始めたら、もう、いてもたってもいられなくなったのです。

 そして、食料品店に言って、すぐに味覇を購入してきたのです。

それまでも、何度かチャーハンを作ったことは有りましたが、とりあえず、ご飯を炒めました、程度のもので、中華料理店で出されるようなチャーハンに迫る味は、出せずにいました。

「そりゃ、僕は、プロの料理人じゃないから、そんなうまくチャーハンが作れなくても当然だよ」

と半ば、負け惜しみ的な思いで、自作チャーハンを胃袋に放り込んでいたのです。

しかし、味覇は、そんな素人のチャーハンをプロ級に変えてくれるというのです。半ば半信半疑で、フライパンに油を敷き、ご飯を入れ、そして、味覇を入れて炒めました。

家庭用のテフロンフライパンで作る、素人のチャーハンですから、見た目はひどいもんですが、しかし、今回のチャーハンには味覇が入っているんです!

 味覇を入れて炒め上げたチャーハンを、お皿に移し、れんげですくって食べてみました。

「うまい!」

この、美味しい体験が、僕を、料理の鬼に変えたのです。それからというもの、かたっぱしから料理に挑戦し、ありとあらゆるものに、味覇を入れて来ました。味覇を入れるだけで、なんでも美味しくなるのです。

 料理を美味しく作るコツ、それは、練習とか修行とかそういうものではなく、ただ単に、知っているか知らないかの差に過ぎなかったんだと悟りました。

 驚いたことに、インターネットをちょちょっと調べるだけで、知りたい情報は殆ど出ています。インターネットで情報を見つけて、その通りやるだけで、美味しい料理ができるのです。

 野菜炒めも、味覇を入れるだけで、美味しく作れていました。しかし、味はそこそこ美味しいものの、なんか、いつも、ベチャベチャな感じになっちゃって、どうしたもんかなぁ、と思っていました。

そして、ふとあるとき、中華料理屋さんで食べるように、野菜炒めをシャキシャキにつくるにはどうすればいいのかな?という疑問をいだき、すぐにインターネットを調べました。

すると、恐ろしいことに、どうすれば青々とシャキシャキな野菜炒めを作ればいいか、その答えがすぐに見つかりました。

短時間で、炒め終わるように、野菜を予め湯通しで温めておき、塩をかけると水分が出てくるので、はじめから調味料を入れずに炒めて、炒め終わり頃に、調味料を入れればいい、とのことでした。

 もう、その日から、私がつくる野菜炒めは、青々シャキシャキになったのです。

今、インターネットを調べるだけで、ありとあらゆる情報が手軽に入るようになりました。重要なのは、その情報を知ろうとする動機、衝動を持つことなのです。

 インターネットがある現代において重要なのは、疑問の持ち方、疑問を持つきっかけ、なのかなぁと思うようになりました。

 

スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。