So-net無料ブログ作成
検索選択

島崎遥香のCMに問題(動画参照)でアサヒ飲料陳謝へ [芸能]

スポンサーリンク



現在放送中のアサヒ飲料のCMに出演しているAKB48の島崎遥香の行動に対して、今、インターネット上では、大きな物議を醸し出している。
nishiyama_saotome.jpg

そのCMとは、缶コーヒー「ワンダ モーニングショット」(アサヒ飲料)のTVCM、「ICカード編」である。

問題となっているのは、島崎遥香が、ビルに入館する際に必要なICカードを忘れたために、入館できず、大げさな演出で、悪戦苦闘しているところを、後ろから不自然なほどなイケメン社員役の男性が、島崎氏の所有していないICカードを島崎氏の代わりにかざして、ゲートを開け、島崎が無事にビルに入館できるというもの。

他人のICカードで島崎遥香がビルに入館するのは、他人ごとではあるが倫理上問題ではないか、とインターネットの住民が反発しているのだ。





■過剰な演出に反発?
 島崎遥香がビルに入れず、悪戦苦とするシーンであるが、演出とはいえ、ビルのゲートにひざまずき、なんどもなんどもICカードが入っていると思われるポーチをゲートになすりつける様子は、コミカルさを演出しているつもりなのかもしれないが、あまりにも不自然なために、不快感を感じる視聴者も多いようで、それが、上記の批判とともに、さらに大きな波紋になっているようなのです。

■ITコンサルタントの見解

 それに対して、ITコンサルタントである足立明穂さんは、「ワンダのCMをみて、アサヒ飲料のセキュリティ意識の低さを思う」(年4月9日更新)と、非常に厳しい見解のコメントを出した。
また、CMに映り込んでいる警備員が何もしないのはおかしい、一度カードをかざしてしまった男性社員はどうやって入館するのだ、島崎さんはどうやって退社するのか、このCMのようなことは絶対あってはならない、とも言っている。

また、これを受け、J-castが、アサヒ飲料に問い合わせをしたところ、すでに問い合わせや意見苦情が複数件寄せられていることを明らかにし、担当者は、「CMの演出上の表現と考えているが、不快な思いをさせて申し訳ない」と陳謝したそうだ。

たとえ、架空の出来事とはいえ、視聴者の目が厳しく光る昨今、CM製作者は、大変なことと思う。

スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。