So-net無料ブログ作成
検索選択

佐藤浩市を支えた広田亜矢子(妻)の壮絶エピソードと 画像

スポンサーリンク



三國連太郎さんがお亡くなりになったという訃報を聞き、悲しんだファンの方も多かったのではないでしょうか。
ファンの方には周知の事だったかもしれませんが、佐藤浩市さんが三國連太郎さんのお子さんだったということを知らず、驚いた方も多かったことと思います。

さらに衝撃的だったのは、その佐藤浩市さんのお嫁さんである、広田亜矢子さんです。その理由に辿り着く前に、まずは予習をしましょう。笑

佐藤浩市さんといのは、実は、三國連太郎さんの三番目の妻との間のお子さんなのです。佐藤浩市さんが小学校六年生の時に、三國連太郎さんと佐藤浩市さんのお母さんである奥さん離婚をします。


離婚した佐藤浩市さんのお母さんは、スナック経営を始めたそうです。寂しさを紛らわすためでしょうか、いつしか男と同居をするようになったそうです。

それに耐えれなくなった佐藤浩市さんは、高校二年生の時に家を出たそうです。すごいですね、そんな早くから独立をしたんですね。そして、それ以来、佐藤浩市さんは、実のお母さんとは絶縁状態だったそうです。

そして佐藤浩市さんは俳優になり、モデルの女性と結婚しましたが、しかしすぐに離婚、そして再婚相手となったのが、今の嫁さんの、広田亜矢子さんなのです。ここでやっと広田亜矢子さんの話に移ります。笑

広田亜矢子さんと生活を初めてしばらくたった時、佐藤浩市さんの実のお母さんが、2008年に脳梗塞になり、認知症を発症してしまったそうです。

高校から母親の元を出て、30年間もの間絶縁状態だったにもかかわらず、佐藤浩市さんは認知症の母親を引取り介護を始めたのです。

とはいえ、俳優業で忙しい佐藤浩市さんに変わって、その母親を影で介護していたのが、この広田亜矢子さんだそうなのです。

その時、すでに佐藤浩市さんには、広田亜矢子さんとの間に子供がいたのであるが、佐藤浩市さんが、認知症の母親を受け入れるということに対して、広田亜矢子さんもお子さんもだれも文句一つ言わなかったそうだ。

その時は、マンションに住んでいたが、十分な広さがないということで、一軒家を新築し、認知症の母親のために、バリアフリーの作りにしたそうだ。
 
 認知症となったお母さんは、まして30年間も絶縁状態だった佐藤浩市さんのことなど忘れてしまっているにもかかわらず、食事、着替え、入浴、排泄、すべての面倒を見ているそうです。


 三國連太郎さん、佐藤浩市さんの結婚離婚の紆余曲折もさることながら、母親を引き取って介護する、佐藤浩市さん、そしてそれを陰ながら支える広田亜矢子さんの、心の優しさが伺えるエピソードです。
25cc17e9-225x300.jpg
 広田亜矢子さんの若い時のお写真を見つけることができました。とてもお綺麗です。

心不全でお亡くなりになった三國連太郎さんも、こうした心優しい佐藤浩市さんや広田亜矢子さんのような方々に囲まれて、余生、幸せだったのではないでしょうか。

スポンサーリンク



nice!(5)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 5

コメント 1

お名前(必須)

亜矢子さんと同じ高校で同級生でした。演劇部の彼女は綺麗で目立っていました。体育部で違うクラスの私との接点は無く一度も話をしたこと無く、卒業後に結婚のニュースを知りました。今このニュースを読み亜矢子さんの素晴らしさに感動しました。今後も浩市さんを支えて下さい。札幌から応援してますよ。
by お名前(必須) (2015-11-02 23:16) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。